ダイエットをしよう!と決意する瞬間はどんな場面が多いのでしょうか。

きっと、恋愛がらみの場面が多いのではないでしょうか。

私がダイエットを決意したのも恋愛がらみでした。

当時、付き合っていた人に二股され振られた私はかなり落ち込み、暴飲暴食の日々を過ごしていました。

160cmで60kgくらいだったと思います。

この慎重体重なら、世間では「ぽっちゃり」の範囲になるのかもしれませんが、私の人生の中では「デブ」の範囲でした。

太っていた時期のある日コンビニでプリンを買って出ようとしたとき、例の元彼とたまたま会うことがありました。

元彼の横にはほっそりとした新しい彼女の姿があり、ふたりはとても幸せそうでした。

その姿を見たとき、私はダイエットを決意したのです。

選んだダイエットは過度な「食事制限」と「ジョギング(有酸素運動)」です。

なぜかといえば、一秒でも早く痩せて私も幸せになりたかったのです。

少し無茶なダイエットだったのですが、根性で耐え12kg程度まで体重を落としました。

やはり、失恋した相手の彼女が細身で幸せそうだったことへの悔しさがこのダイエットを成功させたのだと思います。

太っていた時期は着なかったショーとパンツやワンピースも着て、よく出かけるようになりました。

痩せてみるとおしゃれが楽しくて出かける回数も増えます。

「痩せたね」「かわいくなった」と言われるとますますダイエットが楽しくなります。

今は過度なダイエットはしないで、少しリバウンドもしながら自分磨きをしています。

まだ新しい恋はないですが、自分が幸せだと思えるようになっています。