女性の身だしなみとして当たり前となってきた脱毛。
ワキ脱毛やVIO脱毛などで、お肌がスベスベになったのは良いけれど、地肌が見えることで、ムダ毛で隠れていた黒ずみが気になる。目につきやすくなってきた。そんな経験ありませんか?

お肌の黒ずみの原因はメラニンです。
では、メラニンができる原因とはなんでしょうか。
・ムダ毛を剃刀で剃る。
・お風呂でゴシゴシ強く洗う。
・ブラやショーツの締め付けや汗によるかぶれ等の刺激。
・デリケートゾーンの乾燥やかゆみ。
・ホルモンバランスの崩れ
が主な原因となっています。

では、黒ずみはどうケアすればよいのでしょうか。
方法のひとつとして、黒ずみケアクリームがあります。

黒ずみクリームは、美容成分の作用によってお肌を正常で健康な状態に改善する手助けをしてくれます。
治療と違い、塗ってすぐさま効果が現れるものではありません。
黒ずみの程度により、改善まで3か月から1年ほど要することがあります。
黒ずみがひどくなる前に、気になり始めたら、早めに対策しましょう。

黒ずみクリームにもたくさん種類があり、何を使ったらよいのか迷ってしまいますよね。
そこで3つの黒ずみクリームについて調べてみました。

・薬用アットベリー
アットベリーはオールインワンゲルタイプのクリームです。内側と外側からの同時ケア+ベールで包み込むトリプル方式が特徴です。
角質層に浸透性コラーゲン、オリゴヒアルロン酸等の美容成分をナノ化し、お肌の角質層まで浸透させます。
高分子ヒアルロン酸などの一部の美容成分は大きな粒のまま残っており、浸透させた美容成分が表面で留まります。
うるおい成分のセラミド、エラスチンが保護バリアの役割となり、乾燥からお肌を守ります。
アットベリーは他のクリームと比べ、60gと容量が多い
です。

・イビサクリーム
イビサクリームは人気ブラジリアンワックス脱毛サロンが開発した日本製のクリームです。
デリケートゾーン専用クリームですが、ニキビや肌荒れ、バストトップや肘、膝のケアにも使用できるそうです。
美肌に導く「トラネキサム酸」、肌荒れを防ぐ「グリチルリチンサン2K」のダブル薬用成分で黒ずみケアをするのが特徴です。
コンパクトサイズですが、一本で一か月程使えるようです。

・ハーバルラビット
ウサギのパッケージがかわいいです。
大変人気のある商品のようで、予約注文制となっています。
メラニン色素沈着抑制作用がある有効成分「水溶性プラセンタエキス」を配合。お肌の代謝を促し、黒ずみを古い角質として排出するのが特徴です。
美白、うるおい成分としてプラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキスを配合しています。

いかかでしたでしょうか。
黒ずみクリームといっても、アイテムによって様々なアプローチでケアができるんですね。
ご自身にあった黒ずみクリームを見つけるための参考になれば幸いです。

 

おすすめの黒ずみケアクリーム:ハーバルラビットをもっと詳しく >>>