この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

ほとんどのものが借りられます

初期投資を大幅削減して、攻め込もう

個人事業主さんやフリーで活動しているトレーダーや、アーティストの方々は作業場と称するオフィス空間を必要としています。
作業場や仕事場はカフェでやるという人もいますが、調べものや資料が多くなるにつれ、やはり大きい場所を必要としてやむにやまれず事務所を構えるという人も中にはいます。
最初から、自社ビルを持つことを目標として頑張る経営者たちももちろんいらっしゃるとは思います。
そこでネックとなるってくるのは、初期費用です。
事業が軌道にのるのには、少なくとも半年程度は赤字であることを覚悟して、フローマネジメントを見込んでおく必要があります。
内装やOA機器など初期投資が不要、なおかつ敷金礼金が不要なレンタルスペースは最適といえると思います。



もう秘書はいらない

派遣さんや、アルバイトを雇って高い人件費が嵩むということにお悩みの経営者はかなり多いと思います。
レンタルスペースの中には、電話の取次ぎや、転送、受付サービス、郵便物のうけとりなどをオプションのサービスとして取り入れているところがあります。
電気代や冷暖房費用、クリーニングや、水回りの清掃、ゴミ処理なども自分で手配することなく、オプションとしてサービスを買うことができます。
会議室の手配がスムーズにできることは、中でも大きなポイントです。ホワイトボードや、モニターや音響設備、ポインター、Wi-Fiなどおよそ、会議で必要なものは必ずそろっています。
大きなオフィスは必要ではないが、在宅ワークの社員が定期的に集まることのできる拠点がほしい場合など、会議室メインで使いたい場合などは、非常に機動力がいいと思います。