この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

アドレスホッパーたちの仕事場

アドレスホッパーたちの仕事場

住所を持たないで、ホテルや友人宅を転々としているビジネスマンたちの生き方が話題となっています。
彼らにとっては、ノマドオフィスと呼ばれるカフェや、ホテルをその日その日の自分の気分や営業先などに応じてチェンジしていきます。
レンタルオフィスをシェアして借りるという考え方は、アドレスホッパーたちの生活スタイルにも非常に適合しているように思います。
あえて、生活の拠点を持たずに自由に、ひとところに根付かずに生きていくという考え方は、一見ジプシーのような「その日暮らし・ケセラセラ」といったフレーズを想像します。
しかしその実、アドレスホッパーたちは高収入な仕事を持ち、自分の裁量で仕事を得て動かしていけるだけの才覚をもっている賢い人たちです。

シェアリングエコノミー

アドレスホッパーは、優雅な独身貴族の気ままなモラトリアム期間だという人もいます。
物を所有するよりも、持たないことでより自由に優雅に生きていくことが出来るスタイルは憧れすらおぼえますが、実際にそれが実践できるのは限られた人たちであるのも事実です。
長く生きて、働いていけばいくほど、人間関係もめんどくさくなったり、持ち物が増えていったりするのが当たり前だと思います。家庭をもち、家族とともにHOMEという場所を生活基盤を盤石なところにしていきたいと思う人たちの方が断然多いのが現実ではあります。
アドレスホッパーに憧れることはなくても、仕事面では、めんどくさいことを引き受けて、設備やハード面では楽をしたいと思うあなたには、オフィスレンタルは利点が多いと思います。